バナー

フリーターもカードローン契約できるのか

カードローンは、今や多くの人が利用しています。利用者の中心は、会社員です。

やはり会社員は安定収入があるので、カードローンの審査も通り易くなっているのです。

では、フリーターはカードローンの契約ができるのでしょうか。

正規雇用ではなく、アルバイトという身分です。

バブル崩壊の後の長い不況下でちょうど就職期を迎えた人たちの中には、40代になってもいまだフリーターという身分の人が少なくありません。

結論から言うと、フリーターでもカードローンは契約できます。

ただし、債務整理などのブラック情報がない場合に限ってです。
ブラックというのは、過去に債務整理を行って、その整理が終了してから5年以内の人です。

フリーターは、一般の会社員よりも年収は劣るのが普通です。

また、正規雇用ではないので、会社に何かあった際に真っ先に着られるというリスクも、あるにはあります。
しかし実際に、身分はアルバイトだったとしても、その会社で長く働いていればスキルは身に付きます。


会社における人間関係も出来上がり、多少不景気になっても、その人をすぐに切るという事はないでしょう。


そうすると、その人は、低い年収ですが、収入は安定的とみなされます。

消費者金融や銀行におけるカードローンは、年収の安定性を最も重視します。

安定的に収入があれば、貸付限度額も決めやすいですし、返済のリスクも減ります。

フリーターだからといって、審査に落とされる理由はないのです。必要な人は堂々と申し込みをしましょう。

http://www.nb-net.or.jp/
http://www.pref.iwate.jp/jouhoukoukai/ippan/007287.html
http://www.siz-sba.or.jp/