若い女性にも増える抜け毛の原因と改善

女性でも薄毛や抜け毛で悩む人は多くなっています。

歳を取れば女性ホルモンが減少する影響で抜け毛が増えるという事は誰しも起こり得ますが、まだ若い20代~の女性にも増えてきているのが現状です。
原因と考えられるのは、食事の偏りや栄養不足、寝不足、出産などの影響によるホルモンバランスの乱れ、ストレスなどです。



男性のように働く女性が増えた事や、子育てと両立する人が増えているのもストレスによる抜け毛を増やしている要因かもしれません。

抜け毛が多くなり進行すると、毛髪全体が薄くなり細くなる「びまん性脱毛」や頭頂部が薄くなってくる「FAGA」と呼ばれる状態になっている事があります。



抜ける毛の量が増えたり、薄くなってきたのに気づいたら早めに医療機関を受診しましょう。
自宅で出来る予防法としては、なるべくストレスをためないように心掛ける事です。

趣味などをもち上手く発散できるようにするとよいでしょう。

髪に必要な栄養をバランスよくとる事も大切です。



ダイエットなどの食事制限や偏食は髪の質を悪くし、抜ける量を増やしてしまう要因になります。
髪の毛を成長させるホルモンは、眠る時に活発になります。

夜更かしをせず睡眠をきちんとる事が重要です。

頭皮の状態が悪い事も抜け毛を増やす原因なので、フケやかゆみ、炎症などのトラブルがある人は、使っているシャンプーなどを見直すとよいでしょう。合わない成分や脱脂力の強いものは、なるべく避けるようにしましょう。